過払い請求の流れ|借金相談の専門家【伊丹経治法律事務所】

借金解決方法

過払い請求の流れ

 

金融業者の取引履歴の開示

金融業者に対し弁護士が借金の取引履歴を開示するよう求めます。金融業者はこれに応じる義務があります。以前はなかなか開示に応じない金融業者もあったのですが最近ではほとんどが開示に応じています。但し、例えば10年以上前の取引のような古い取引については資料を廃棄したという理由で開示に応じない業者も少なくありません。従って、古い取引に関係した資料(契約書、入会申込書、領収証、業者に対する返済が記帳されている通帳など)があれば大変有利です。

 

利息制限法による再計算

取引履歴がすべて開示され、利息制限法を超える利息払の契約で借り入れた場合、上限利率を超える部分を元本の返済に充てる計算を行うことができます。

 

過払金額の確定

利息制限法による再計算が完了すれば、業者に対する過払金額が確定することになります。

 

金融業者に対する過払金返還請求

まずは、過払いの返還金額や返還期日の話し合い(任意交渉)をおこないます。話し合いで任意に返してもらった方が早く返ってくるので、まず話し合い解決を試みます。話し合いである以上一定の譲歩が必要ですが、どこまで譲歩するかはケースバイケースです。最近は資金繰りが苦しく返還余力が乏しい業者も増えているため、見極めが大切です。

 

金融業者に対する過払金返還訴訟

話し合いでまとまらない場合は裁判所に返還請求訴訟を提起することなります。任意交渉で満足のいく結果が得られないときや業者が古い取引履歴を保存していない場合、また取引の個数等につき執拗に争う場合などが訴訟になりやすいといえます。訴訟になっても最後は裁判所で和解解決となる場合がほとんどです。