審査に落ちる理由とは|借金相談の専門家【伊丹経治法律事務所】

借金解決方法

審査に落ちる理由とは

審査

おまとめローンの審査は改正貸金業法のために非常に厳しくなりました。そのためほとんどの方が審査に落ちて、一本化することを諦めてしまいます。おまとめローンの審査で落ちるには大きく分けて2つの理由があります。

 

借金の総額が年収の3分の1を超えている

貸金業法は、2006年12月に成立しましたが、金融業者のシステム対応の準備期間が必要だったことや、債務者への影響も大きいだろうと考えられたことから、これまで、段階的に施行されてきました。2010年6月18日に、総量規制などの重要な部分を含む、すべての規定が施行されました。そのために借金の総額が年収の3分の1を超えた場合は融資を受けることが出来ないのです。

 

申込みブラック、多重申込み

「短期に連続3件以上申込む」といると申込みブラックと判断されてしまい審査に落ちてしまいます。「おまとめローン会社はいくつもあるので片っ端から申し込めば、どこかの審査は通らないか」という考えではおまとめローンの審査には通りません。

これは、ローンの申込み履歴が個人信用情報として個人信用情報センターに残ってしまうため、あなたがローンなどを申し込んだとき、この個人信用情報センターに照会して申込者の情報を調べられることになるので、このように複数の業者に申し込んでいたら、融資の担当者に申込みブラックと判断されて、審査に落ちてしまいます。具体的には申込履歴が1ヶ月以内に連続で3社以上あると、審査担当に「この人はよほどお金に困っている。」と判断されることになり、審査が通りにくくなってしまいます。

上記2点の理由によって、おまとめローンの審査に落ちる方が多いです。ただ、金利を減らして返済を楽にする方法はおまとめローンだけではありません。 借入状況を簡単に教えて頂きましたら、無料でおまとめローンの審査に通るか、また審査に通らなくても借金問題を解決するためにどうすればいいか解決方法のアドバイスをしています。まずはご相談下さい。