任意整理の注意点|借金相談の専門家【伊丹経治法律事務所】

借金解決方法

任意整理の注意点

任意整理手続きを行う際に、いくつかご注意していただきたいことがありますので、以下ひとつずつご説明します。

 

商品を購入した際のローンについて

代表的なものとして、カーローンを挙げることができます。商品を購入した際のローンに対して任意整理を行うと、商品をローン会社に返却しないといけない可能性があります。

車をはじめとする高額な商品は、ローンを返済するまでのあいだ、所有権はローン会社に置いておく、というルールが適用されるのが一般的です。

もし、ローンが残っている商品を処分したくないという場合は、ローンを任意整理の手続きの対象から除くようにしてください。

 

連帯保証人がついている借金について

借金をする際に、ご家族や知人の方に連帯保証人になってもらっている場合は注意が必要です。連帯保証人がついている借金について任意整理を行うと、業者から連帯保証人に対して借金を返すように請求が及ぶことになります。

借金の請求が及ぶと、連帯保証人の方の生活に大きな影響が出てしまうことは明らかですので、手続きを行う前にきちんと説明をしておくべきでしょう。また、任意整理の手続きの対象から除くこともできます。

 

不動産が担保になっている借金について

高額の借金の場合は、銀行等の債権者に、土地やマイホームといった不動産を担保として提供している可能性があります。いわゆる不動産担保ローンと呼ばれるものです。

この不動産担保ローンとは、借金の返済が滞った場合に、債権者はその不動産を処分して、借金の返済の代わりとする、というものですので、リスクが大きい借金であるといえます。もし任意整理をお考えの方が、不動産担保ローンを利用されている場合は、任意整理を行ううえでも慎重な対応が必要となってきますので、手続きを行うまえに私たちに相談してください。