よくあるご質問|借金相談の専門家【伊丹経治法律事務所】

借金解決方法

よくあるご質問

よくあるご質問を下記にご案内いたします。

その他、当ホームページに記載されている内容についてのご質問、ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームよりお受けいたします。

お問い合わせフォーム

1.契約書等を紛失した場合でも任意整理ができますか?
基本的には弁護士が請求すれば,貸金業者は取引の履歴を提出してきますので可能です。ただ,取引期間が長い場合などには,過去の契約書や振込控等の返済をした証拠などがある方が任意整理を有利に進めることができます。
2.低金利の一本化と任意整理では,どちらが有利ですか?
任意整理のほうが有利です。銀行で「借り換え」が行えた場合、それまでよりも利息は有利になりますが,ほとんどの場合,連帯保証人を立てるか,公正証書を作ることになります。後々支払いが厳しくなってきたときに,その足かせがあることによって債務整理を行いにくくなりますし,連帯保証人などにも多大な迷惑をかけることになります。

また、無理な一本化は過剰融資となり,金融庁のガイドラインに違反する行為であり,無理な一本化を宣伝文句にしているところは悪徳業者の可能性もあります。

任意整理の場合は、基本的に将来利息を付けないように交渉をしますし,保証人を立てることもありません。
3.任意整理をしたことが家族・知人・会社に知られますか?
基本的には知られることはありません。もし家族・知人・会社などから借金をしていたとしても、任意整理の場合は介入する相手を選択することができますので、弁護士が介入しなければ、基本的に家族・知人・会社などに知られることはありません。 ただし、関係書類などを家族・知人・会社に見られてしまえば当然知られてしまいますので、書類の管理には注意が必要です。