任意整理の流れ|借金相談の専門家【伊丹経治法律事務所】

借金解決方法

任意整理の流れ

 

債権者へ受任通知書を発送します。

依頼されると弁護士や司法書士は、受任通知書を債権者に郵送します。

この書類の内容は、皆さんの借金整理を、弁護士が受任したので、今後一切、本人には直接取立てしないように通達するものです。また、いままでの取引履歴すべての開示も要求します。この受任通知書を郵送することによって、債権者は、本人に取立てや請求をすることができなくなります。

 

利息制限法による再計算

弁護士・司法書士が債権者から今までの取引経過を取り寄せ、利息制限法に基づいて引き直し計算をします。取引履歴をもとに、利息制限法に基づく「引き直し計算」をします。いままで多く払ってきた利息・過払い金などを計算していきます。

 

和解案の作成

返済する借金が減っている内容の和解案を作成します。返済期間は基本的には3年の分割を提示することになります。また、今までの遅延損害金やこれからの利息のカットも提示します。過払金がある場合、返還請求をおこないます。交渉での返還が難しい場合は訴訟により、過払金返還請求をします。

 

金融業者との交渉

弁護士が債権者と交渉をします。弁護士は債権者に和解案を提示しますが、同意があると、無事和解が成立します。その場合、依頼者はその和解案に基づいて返済をはじめます。

しかし、当初の和解案に同意が得られない時は、もう一度和解案を検討して同意してくれるよう再交渉します。

 

返済の開始

それぞれの債権者から和解案に同意が得られたら「和解書」を作成し、交渉成立となります。その後、返済が開始します。