任意整理による借金解決|借金相談の専門家【伊丹経治法律事務所】

借金解決方法

任意整理とは

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せず、弁護士・司法書士などの専門家が代理人として債権者と話し合いをして、借金の減額や利息の一部カット、返済方法などを決め、和解を求めていく手続きです。

借金問題の90%は任意整理で解決できるため、多くの方がまずは任意整理という方法を試みます。

伊丹経治法律事務所では任意整理についての無料相談を受け付けております。
任意整理を含め、借金問題の解決方法にはそれぞれ、注意すべき点もございます。借金の現状や今後どのようにしていきたいかのご要望によって採るべき手段も変わってきます。
当サイトでは任意整理のメリット・デメリットや注意すべき点もまとめてありますので、ご覧頂ければと思います。実際に任意整理を行うかを決める前には一度専門家にご相談頂くのが最善策となりますので、借金でお困りの際はお気軽にご相談ください。

任意整理の仕組み

本来、利息の率は利息制限法という法律で上限が決められています。しかし、多くの金融会社では、法律で定められた利率より高く設定していました。高く設定しているということは、当然法的には支払わなくてもよかった額を利息として既に支払ってしまっています。もしも余分に払っていた利息を返済にあてられることができていたら、元金の残高はもちろん、支払うべき利息も徐々に少なくなっていったはずです。

そこで、債務整理を行うのであればまず、正当な利率であれば現在の残高はいくらになるのか計算をします。この計算の結果を元に、弁護士が代理人となって「余計に払った分を減額してくれませんか」と和解交渉を行うことが、任意整理なのです。

任意整理が向いている方

任意整理は現状よりも月々の返済額が減れば、借金の返済を続けていくことが可能だという場合に検討すべき方法といえます。一般的には次のような方が任意整理に向いていると言えます。

 

借り入れ期間が長い方

借入期間が長い場合は、利息制限法で引きなおし計算をした場合、大幅に減額される見込みがあり、減額された額を分割回数に応じて返済することができます。

 

家族に知られたくない方

自己破産や民事再生のように裁判所に書類を提出しないので同居の方の協力が特に必要ではないため内密に手続きを進めることができます。

 

一部の債権者を除外したい方

保証人がいる債務があり保証人に迷惑をかけたくない、車のローンがあり車を残したいなど一部の債権者を除外して整理することができます。

 

支払いを続けたいという方

借りたお金は返したい、今は返済が厳しいだけで今後も返済していきたいなどの事情でも和解により分割額を決めて返済を続けていくことができます。

どれくらい減額できるか

減額がどれくらいできるかは借り入れ期間によります。

基本的に、借入れ期間がが長ければ長いほど余分な利息を支払っているため、借金は減ります。利息制限法に引き直し計算すると、半分以下になることもあります。また、同じ債権者で一度完済しているならば、逆にお金を取り戻すことが出来ることもあります。