任意整理のメリットとデメリット|借金相談の専門家【伊丹経治法律事務所】

借金解決方法

任意整理のメリットとデメリット

任意整理や自己破産に関わらず、メリットデメリットというものはどのような債務整理にもあります。借金問題を解決するために様々な方法がありますが、選択する際にメリットやデメリットを比較して検討する事は重要なことです。ですが、ここが良いから・悪いからと自己解釈で選択する前に、専門家の意見を聞いた上で一度考えてみてはいかがでしょうか。その中でご自身に一番最適な債務整理の方法をご提案させていただき、多重債務等の借金問題解決の手助けをさせていただきます。

任意整理のメリット

 

借金を抱えていたことが家族にばれない

任意整理は裁判所を介さずに行いますので、裁判所へ行く必要や裁判所からの通知が自宅に届くこともなく、ご家族に借金のことがばれる心配がありません。

 

保証人に迷惑を掛けずに済む

任意整理は、整理したい借入れを選ぶことがきますので、もし、友人・家族・知人の方が連帯保証人になっている借入れがあっても、その借入れだけを任意整理の対象から外してしまえば、保証人に迷惑をかけることもありません。

 

金融業者の借金の取り立てが止まる

私たちは任意整理の依頼を受けると、すぐに貸金業者に対して依頼を受けた通知を送ります。弁護士からの通知が届いた後に債務者に支払い請求をすることは禁じられていますので、支払い督促の電話などを一切止めることができます。依頼者は精神的な苦痛から逃れて、今後の対策を落ち着いて考えることができます。

 

金融業者への月々の支払いが止まる

弁護士による過払い金返還請求の交渉が始まると、和解するまでは貸金業者に対する毎月の返済もストップすることになります。そのため、和解成立までの間に生活を見直したり、今まで支払いに充てていたお金を貯金するなどの対応も可能となります

任意整理のデメリット

 

新たなローンが組みにくくなる

5年程度はブラックリスト(信用情報機関)に載ってしまうため、その間新規の借り入れやクレジットカードの利用、ローンを組むことが難しくなります。

任意整理にはこのようなデメリットもありますが、メリットの方がはるかに多いのです。任意整理の交渉は全て弁護士が行いますので、お客様が必要な手続きや、裁判所に行く必要もありません。お一人で悩まず、任意整理の無料相談にお問い合わせください。