個人再生の流れ|借金相談の専門家【伊丹経治法律事務所】

借金解決方法

個人再生の流れ

 

受任

弁護士介入通知をそれぞれの金融業者へ発送します。発送後は取立・返済がストップします。

 

地方裁判所に申し立て

依頼者の方から提出された資料をもとに申立書類を完成させます。その後、自分の住所を管轄する地方裁判所に個人再生の申し立てをします。裁判所は申立てが要件を満たし、書類に不備がなければ開始決定をします。

 

債権の届出・調査・確定

再生手続開始決定は、債権届出書とともに各貸金業者にも送付され、各金融業者はそれぞれが主張する借金額を裁判所に届け出ることになります。各金融業者から提出された債権届出書に記載された債権額について、認めるかどうかを判断し、債権認否一覧表を個人再生委員に提出します。

 

再生計画案の作成と提出

裁判所は個人再生委員の意見を聞いた上で、「再生手続開始決定」を出します。再生計画案が法律上の要件を充足している場合には、小規模個人再生では、裁判所から各貸金業者に再生計画案と議決書が郵送され、書面決議が行われます。なお、給与所得者等再生では金融業者の決議はなく、意見聴取が行われます。

 

書面による決議

再生計画案が法律上の要件を充足している場合には、小規模個人再生では、裁判所から各貸金業者に再生計画案と議決書が郵送され、書面決議が行われます。なお、給与所得者等再生では金融業者の決議はなく、意見聴取が行われます。

 

再生計画認可決定

貸金業者の2分の1以上および債権額の2分の1を超える反対がなく(小規模個人再生の場合)、裁判所が再生計画案に記載した返済計画案のとおり借金の一部が返済される見込みがあると判断した場合は、裁判所から再生計画認可決定が出されます。

 

返済開始

再生計画認可決定が確定した月の翌月から、再生計画で定めた返済計画に沿って、各金融業者の指定する口座に毎月入金します。