個人再生のメリット・デメリット|借金相談の専門家【伊丹経治法律事務所】

借金解決方法

個人再生のメリット・デメリット

個人再生には、特に住宅を保有している人にとって、住宅を手放さずに、借金を大幅に減額できるという大きなメリットがあります。一方、扶養家族の有無や居住地域によっては、弁済額がやはり多くなってしまうといったデメリットもあります。 メリットとデメリットを比較してよく検討しましょう。

個人再生のメリット

 

借金を大きく減額できる

例えば、借金額が利息制限法による再計算をしても500万円程度ある人でも、個人再生手続をとれば、100万円程度にまで負債額が減額される可能性があります。個人再生手続においては、原則として再生債権の2割か100万円のどちらか多い額を支払えばよいということになっているからです。

このように減額された負債を、利息をカットした上で3年間ないし5年間で支払えばよいわけですから、任意整理が無理でも、個人再生手続をとれば、支払いが可能になる場合が多いでしょう。

 

自宅を失わずに借金を大きく減らせる

住宅ローン特別条項というものを利用すれば、住宅ローンだけはそのまま支払い続けて自宅を保持しつつ、その他の負債を大幅カットできます。

 

個人再生のデメリット

 

安定した収入が必要

安定収入があることが個人再生申立の前提となりますから、現在無職で、これから就職先を探すというような人が利用することは出来ません。

 

全ての借金が個人再生の対象になる

すべての負債を対象にしなければなりませんから、例えば勤務先から借り入れがあるという場合、勤務先も債権者に挙げなければならず、当然個人再生手続を行っていることが、勤務先に知れてしまうことになります。

 

信用情報機関に登録される

ブラックリストとして信用情報機関に登録されます。そのため、約5年~7年間、ローンの利用やクレジットカードの作成が難しくなります。しかし、一定期間経過後にローンを組むことはもちろん可能です。

個人再生手続は、債務整理手続の中でも最も複雑な手続であり、債務整理の専門家である弁護士への借金相談・債務整理相談と援助が欠かせません。個人再生がベストな解決方法なのかご不安な方はお気軽にご相談下さい。無料でアドバイス致します。