特定調停|借金相談の専門家【伊丹経治法律事務所】

借金解決方法

特定調停とは

特定調停とは裁判所を使った任意整理のような手続です。
任意整理は裁判所を利用しないで、弁護士が直接債権者と交渉をしますが、特定調停は裁判所が債務者と債権者との間に入って話し合いを進めていきます。実際には、調停委員が本人の代わりに債権者と交渉をしていきます。交渉と利息制限法の適用によって債務額を圧縮し、減らした借金を3年間~5年間を目処に返済していきます。つまり裁判所を利用した任意整理ともいえます。ただし、裁判上の手続といってもあくまでも「話し合いによる解決を目指すもの」ですから、相手が合意しなければ調停は不成立になってしまいます。

任意整理との大きな違い

特定調停は手続きを本人が行い、任意整理の手続きは、弁護士が本人を代理して行うという違いがあります。また、この他にも、以下のような違いがあるので、自分にとってどちらの債務整理法がいいのか確認しておくといいでしょう。

(1)特定調停を利用する場合は、過払い金が生じている場合には、特定調停とは別に「過払金返還請求訴訟」が必要になり、手間がかかってしまう。

(2)特定調停で決定した返済計画通りに返済ができなかったり、返済が滞ったりすると、直ちに給料などを差し押さえられる恐れがある。

(3)特定調停は調停の日には必ず裁判所に足を運ばなければいけないので、仕事を休むなどの調整が必要になってくる。

(4)和解が成立するまでに最低2ヶ月以上はかかるため、その間の遅延損害金を返済計画の借金の総額に加算されることがある。

特定調停が向いている方

 

費用を抑えたい方

特定調停は個人で裁判所へ申立て手続きを行うこともできるので、その分費用を抑えることが可能です。弁護士や司法書士に金銭的に依頼できない方にお勧めです。 ただし、個人で行う場合は、手続きや書類作成などを自身で行うため手続きがなかなか進まないことが多いです。やはり相談して解決するのが最良の方法であると思われます。

 

定期的な収入のある方

調停後には、決められた期間できちんと支払っていくことになるので安定した収入があることが必要になります。もし、調停後に支払いがが遅れたりすると給料を差し押さえられる可能性が高いです。